読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さちもり

主に切り絵

迷走中のあれこれ

2カ月も空けてしまいました。

もはや毎度の領域ですね。

 

f:id:sachimori:20150428131331j:plain

 

あんまり進んでいないですが、こんな感じになっています。 

前回がこちら。

 

f:id:sachimori:20150428131327j:plain

 

ちょっとは進んだ、くらいですね。

  

この2カ月は、かなり迷走というか低迷というか、どうしたものかと。

難しくて切れないよ、と自分が作った壁に負けてしまっておりました。

先日までは切れていたものが、気持ちが続かないよー、どうしてこんな面倒なものを切ろうとしたんだろう、もう紙だってよれよれで手あかまみれだし、作ったって意味ないよー、などと。

  

そんな苦悩の果てでどうしたかというと、血迷いまして、カッターを取り出しました。

カッターだったらきっと、容易に、高速に、美しく切れるはず!

と思ったのです。

 

f:id:sachimori:20150428131332j:plain

  

この写真の一帯はカッターで切ったのですが、…もう、ひどいものでした。

一刀入れるそばから、失敗、失敗、次から次へと切ってはいけない箇所を切り刻んでしまいました。

 

f:id:sachimori:20150428131333j:plain

  

ちなみにこうやって「やっちまった」場合はどうするのかというと、

一から切り直しなんてことはせず、迷わずボンド登場です。

 

f:id:sachimori:20150428131334j:plain

 

以前紹介したことのあるこの豆錐、相変わらず大活躍しております。 

穴を開けたり、ボンドをつけたり。安価で便利、最高ですね。

こんな感じで、ちょっと気持ち多めにぽてっとつけて、その後から

錐の先で多すぎるところをすくい取るのがいい感じです。

 

もちろんやっちまったわけですから、ボンドでつなげたところで完璧な修繕というわけではありません。

表を返すと、あらまあひどい、なんてことはしょっちゅうなわけです。

それでもめげません。そんなところには、このペンで塗り塗りです。

 

f:id:sachimori:20150428131335j:plain

 

いいんです。だって白くなっていたら、完成したのを見たとき悲しいじゃないか! 

いつか、一度も切り損じないで作った切り絵を作れる日を夢見て。

それまでは、なんとなく修正しましょう。それでいいと思います。

 

f:id:sachimori:20150428131336j:plain

 

そして、あんまり後先を考えずにあれこれと切り進めていきますと、写真ではわかりにくいですが「ぶらんぶらん」になって手に引っかかってしまい、 下手したら折れたり、ちぎれかかったり、してしまう箇所が出てきます。 

そうならないように、そういう遊んでしまう部位は最後まで切らないで取っておくというのが賢いですが、まあ切ってしまったら取り返しはつきません。

そんなときのために、このはってはがせるテープで、仮止め。

 

f:id:sachimori:20150428131337j:plain

 

こうすれば恐怖のぶらんぶらんともおさらばです。 

今回の作品のように大きくて、思いのままに切ったらぶらんぶらん祭りになってしまうときはまた別な対策を考えなければいけないのですが、ちょっとくらいだったらこういうテープをあちこちにべたべたと貼っておいてもいいんじゃないでしょうか。

あんまり長期間貼りっぱなしだと糊が残りますが、それでも軽度です。

それにいいんです、何しろこれ、裏側ですから。

白鳥が水面下で何をしているかなんて、いいんです。いいんです。

 

さてそんなこんなでカッターで大失敗をやらかした後は、大いに反省して、やはり私にははさみしかないんだと、思い知りました。

 カッターで切り損じまくった箇所は、はさみで切るのにどうしても難儀で、切り進めるのをためらっていました。

 

そこをカッター様に大失敗という結果で通過していただきましたので、残りあともうちょっと、はさみでがんばります。

もうちょっとで中が全部抜けるので、その後はかなり困難だと思われる縁の切り落としです。

 

最後に今回紹介した道具は、ご参考までに以下の通りです。

 

千吉 豆錐 NO.1

千吉 豆錐 NO.1

 

  

小さな「きり」です。あるととても重宝します。

 

ボンド 木工用プレミアム 30ml #04467

ボンド 木工用プレミアム 30ml #04467

 

  

このボンドは、コンパクトサイズで、口先も細くて、ちょいとおしゃれで、気に入っています。

 

【パイロット】 油性ドローイングペン05 M-20DRN05-B ブラック
 

  

これでなくても、製図ペンと呼ばれるものなら、何でもいいと思います。

 

 

このテープは本当に便利です!

手紙を封するためのかわいいシールがないとき、このテープを貼って、上から絵を描くとかわいいです。

(切り絵とまったく関係ありません)