さちもり

主に切り絵

初めての切り絵

一昨日初めて知ったはさみで切る切り絵ですが、その後はさみや紙の入手方法について調べてみました。

蒼山日菜さんのサイトでははさみや紙の通販を行っていますが、はさみは売り切れ、予約販売とのこと。

そしてものすごくお高いのです。はさみが一万円以上なんて、私の価値観ではちょっと手が出ない金額です。

今日欲しいのに…今やりたいのに…という気持ちを抑えることができません。

 

近くに大きな文具店があるので、さっそく行ってみましたが、案の定先の細いはさみなんて売っていませんでした。

やっぱりかあ、とため息をつきながら手芸用品のコーナーも見てみると、文具コーナーにあったものよりは少し先の細いはさみを発見。

それでも蒼山さんのはさみとは比べものにならないほど大きいですが、だめでも手芸用に使えるからいいやと購入してみました。

 

カットワークはさみ 115(11.5cm)

カットワークはさみ 115(11.5cm)

 

 

確かこのはさみだったと思います。けっこうな値段がします。

このはさみと、真っ黒の折り紙を買って帰宅しました。

 

 

蒼山さんに感動したのは、切ることももちろんですが、その芸術的な才能のすばらしさです。あんなにすてきな絵柄だったら、誰だって切りたいと思うでしょう。一昨日の番組内でも、さらさらとあっという間にすてきな絵柄を描き上げていくのですから、それはもう魔法のようでした。

 

ですが私は折り紙の裏面を前に途方に暮れました。はて、何を描いたらいいのか。

 

胸ばかりがはやり、焦って何も浮かんできません。切りたいけど描きたいものが浮かばない。昨日の蒼山さんはどんなものを切っていたっけ?

 

記憶を頼りになんとなく手をすすめました。なんか植物だったような気がするな、程度の記憶しか残っていません。先がくるんとしていたな、とか。少し描いただけでこれは全然違うなだめだこりゃ、まあいっかと下絵を放棄し、はさみを手に取りました。

 

びっくりしました。全く切れません。はさみが大きすぎます。いや、下絵が小さすぎます。最初から蒼山さんみたいな小さな絵柄を描いて、こんなはさみで切れるわけがなかったのです。そのうちどんどん切り損じて、せっかく植物っぽいものを描いたのに葉が一枚、また一枚と減っていきます。

 

ああ全然だめだ、このはさみじゃだめなんだ、ため息です。しょうがないので細かいところは手近にあったNTカッターで切りました。

 

 

f:id:sachimori:20150429175244j:plain 

 

右のはさみが上に書いたもの、左はNTカッターです。このはさみじゃこんな小さいのは無理ですね。

 

クローバーっぽいものを切ってみましたが、見るからに葉が落ちそうです。

とにかくはさみを手に入れないことには話にならないんだなと、痛感した日でした。