さちもり

主に切り絵

新しいカッター

昔からカッターというとNTのデザインナイフです。

NT デザインナイフ D?400P

NT デザインナイフ D?400P

オルファのアートナイフも試しに買ってみたことがありますが、重くて太くて私には合いませんでした。

sachimori.hatenablog.com

先日Amazonで、NTのDS-800Pというデザインナイフをおすすめされたんです。

NT デザインナイフ DS?800P

NT デザインナイフ DS?800P

ん? なんだろうこれ知らない。でも五つ星でしかも安い。
買っちゃおう。
届いたものはこんな感じです。

f:id:sachimori:20151108180752j:plain
f:id:sachimori:20151108180718j:plain

すごく軽くて細くて持ちやすい。しかも今までのデザインナイフと同じ刃が使えるんです。
そしてと~~~~~っても切りやすい!
今までが何だったんだろうっていうくらい、本当に切りやすいです。
最初から全部こっちで切り直したい!
まるで指の先でなぞっているように、力が刃先に伝わります。
今までがミリ単位の世界だったのが、0.5ミリ単位の世界に変わったような感じです。
アルミ軸ですごくかっこいいのにこの安さ、衝撃です。
しかも針が付属していて、刃を針に交換すれば千枚通しにもなっちゃいます。
細かい作業に慣れていない人がいきなり使うのは大変かもしれませんが、
とにかく細かいことにしか使わないよっていう人には全力でおすすめします。


ついでにこんな消しゴムも見つけちゃいました。

トンボ鉛筆 消しゴム MONO スマート JCB-115

トンボ鉛筆 消しゴム MONO スマート JCB-115

f:id:sachimori:20151108180952j:plain

平べったいMONO消しゴムです。下絵を直す時に最高と思ってついつい買っちゃいました。
昔からMONO好きなので、家が消しゴムだらけです。

f:id:sachimori:20151028113421j:plain

切り損じてばかりなので、切っている最中は木工用ボンドが手放せないです。
でも大好きな藤田和日郎先生が、修正液を多用して原稿を描かれている姿を拝見して、
修正ありきでいいじゃないか! と開き直ることにしました。
大事なのは死ぬまでにひとつでも多く作品を完成させることだと、自分に言い聞かせています。
 

 

また切っています

ずいぶんごぶさたしてしまいました。
前回のを切ったのが6月ですから、4カ月も放置していたんですね。

f:id:sachimori:20151028113325j:plain

これを切り始めたのは1カ月くらい前のことです。
今回は、最初からずっとカッターで切っています。
この写真の辺りは切り始めたばかりなので下手くそです、なんて言いたいのですが
そうでもなくて、どれだけ切っても下手は下手なままです。

f:id:sachimori:20151028113134j:plain

前回のを切っている最中から、はさみで切ることに迷いが生じていました。
それが長い間遠ざかっていた理由でもあります。
道具に依存しているのがいやになってしまったんです。
思うように切れるはさみを失ったとき、どうしたらいいんだろうって。
カッターなら、趣味は違えどその切れ味を求める人がこの世にごまんといるのにって。

f:id:sachimori:20151028113255j:plain

全体の進捗としてはこんな感じです。
もう少しで半分といったところでしょうか。


この下絵は、友人にブログのトップ絵を頼まれる機会があって、
それに手を加えたものです。
今までで一番大きなサイズになります。
A3サイズのプリンターがあればよかったのですが、そうもいかないので
最後はつぎはぎが必要になります。
ずっと蒼山さんの切り絵用紙を使っているので、そもそもA4サイズの紙しか
持っていないのですけどね。
カッターに完全に切り替えるなら、違う紙を探してみるのもありかなあと
思っているところです。
 
  
 

みのむし

昨日中をすべて切り終えたので、今日はふちを落として完成です。


f:id:sachimori:20150625102938j:plain


自分の大切にしているささやかなものたち、ひとつひとつはぼろきれのような、を13個集めてはりぼてを作って身にまとって社会に向かって行くイメージなので、みのむしです。
別名就活。


f:id:sachimori:20150625103059j:plain


大きさはこれくらいです。
正方形のかわいい額に飾りたいです。


f:id:sachimori:20150625102959j:plain

f:id:sachimori:20150625103223j:plain


下絵はこんなでした。

f:id:sachimori:20150508005739j:plain


切り終えた物を裏から撮ったのがこちら。


f:id:sachimori:20150625103138j:plain


今回はちょっと細かくしすぎました。
自分が希望する最大級の切れ味を持ったはさみだったら切れるけれども、そうでなければ歯が立たないというぎりぎりのラインでした。
カッターの刃はすぐ新しくすればいいし、後はすべて切る本人の技術なんですが、はさみはほぼほぼメーカーさんが作るものの水準に依存していると感じます。
それについてずいぶんと、これを切っている間は悩まされました。


これがカッターで切れたらいいんだけどなあ、と思うこともあります。
おそらく、カッターの方が何倍も早く切れるし、集中できる時間も長いと思います。
今まではさみですいすい切れていたものを、へたくそなカッター技術が追いつくまで練習することに耐えられるかどうか。
1ミリ弱くらいの○って、カッターでどうやったらきれいに切れるんでしょうね。
切った気になっているはさみでも、ずいぶんガタガタです。